(-@∀@)φカテゴリ|  政治  経済  社会  エンタメ  ゲーム  萌え  国際  その他
RSS

他ブログ更新情報

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



1 : アルゼンチンバックブリーカー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/12/19(土) 10:24:18.91 ID:1x9Wuaan0.

“絶食”の深海生物 餌を食べる姿を撮影

名古屋市の水族館が、餌をあまり食べないことで知られる深海生物「ダイオウグソクムシ」が餌を食べる珍しい姿を撮影することに成功しました。

ダイオウグソクムシは、メキシコ湾などの水深およそ200メートルから2000メートルの深海に生息する、体長30センチほどのダンゴムシの仲間です。

餌をあまり食べないことで知られ、三重県の鳥羽水族館では、飼育されていた1匹が去年2月まで5年余りにわたって絶食したほか、名古屋市の名古屋港水族館でも、飼育している2匹のうち1匹が7年9か月にわたって餌を食べていないということです。

ところが、名古屋港水族館のもう1匹が、先月9日に餌のスルメイカの足を食べている姿を撮影することに、水族館の職員が成功しました。映像には、ダイオウグソクムシがあおむけになって、イカの足にしがみついて食べている姿が映っていて、職員によりますと、およそ4分間かけて3本の足を食べたということです。

水族館では水槽のそばでこの映像を公開しており、京都から訪れた男性は「ずっと餌を食べずにいて、食べるときにはすごい食欲を見せることに驚きました」と話していました。

水族館によりますと、ダイオウグソクムシは環境が変わったときに餌を食べることがあるということで、イカを食べたのは新しい水槽に入れられてから2日後だったということです。

今月10日までには合わせて4回食べたということで、飼育担当の伊藤美穂さんは、「ダイオウグソクムシの生態はよく分かっていないので、来月、また餌を与えて、じっくり観察したい」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010345471000.html


奴隷学園~屈服させられた最強の女~




1 : マスク剥ぎ(大阪府)@\(^o^)/:2015/11/26(木) 16:09:36.36 ID:Y02Y//sf0.

 NASA(アメリカ航空宇宙局)は11月24日、地球はダークマター(暗黒物質)の毛に覆われている可能性があるという説を発表した。

 ダークマターは宇宙に存在すると考えられるものの通常の物質と相互作用しないため、観察できないことからどのような分布にあるのかもわかっていない(銀河の分布などから存在は予想されている)。

 いくつかの種類が考えられているが、ここでは通常の物質とは重力以外では相互作用しない粒子の存在を想定している。この種の暗黒物質は電磁波とも相互作用しないので目に見えることもなく観測もできず、通常物質をすり抜けてしまうが、重力に引かれるため恒星や惑星の周囲に存在する可能性がある。

 NASAおよびJPL(ジェット推進研究所)、カリフォルニア工科大学などの研究では、宇宙を漂う暗黒物質粒子は細長い髪の毛のような糸状になると予想されており、その毛は計算によると地球などの惑星の周囲をびっしりと取り巻くはずだという。

 「毛根」部分は地球から100万km以上の高度にあると計算される。超高精度な重力検出装置を積んだ探査機があれば(そして毛が存在するならば)重力によって存在を確かめることができる。また、これらの暗黒物質の毛は地球の重力に敏感に反応するため、観測ができれば惑星の内部を探るのにも利用できるのではないかと考えているようだ。

毛根部分は高密度な暗黒物質でできており、がんばれば(重力を使って)観測できる可能性
AAfFPve.jpg
http://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AAfFPve.jpg

http://ascii.jp/elem/000/001/083/1083491/


搾精!ロリババアといっしょ ~幻老館へようこそ~




1 :ニライカナイφ ★:2015/10/25(日) 01:48:50.91 ID:???*.net

◆ 【衝撃の事実】人間の手は、他人を殴るために進化した!!(最新研究)

私たちは、地球上に生息するどの動物よりも器用な手を持っている。人間に近い類人猿と比べても、親指が他の指と比べて相対的に長く、手のひらも短いため、指先どうしをくっつけることでモノをしっかりと掴める。

この便利な手と知性によって道具を扱えるようになり、文明の創造や科学技術の発展が成し遂げられた。つまり、私たちの手とは、道具を器用に扱えるように進化してきたもの—というのが、これまでの常識だった。

しかし最新の研究によって、人間の手の進化には、知られざるもうひとつの背景があったことが判明したようだ。道具のほかに、一体何が私たちの手を現在の形に変えたのか?早速、詳細についてお伝えしよう。

■ 死者の腕を使ったヤバすぎる実験で……!!

今月21日、オンライン学術誌『Journal of Experimental Biology』上で“手の進化”に関する画期的研究成果を発表したのは、米・ユタ大学で生物学の教壇に立つデビッド・キャリア教授率いるグループだ。

今回の研究でキャリア教授が検証を試みたことそれは「私たちの手が、道具を器用に扱うためだけではなく、より強力なパンチを繰り出すために進化してきた」という生物学者たちの間でも意見が割れる仮説だった。

そこでキャリア教授が構想したのは、常人には思いつかないほどホラーな実験だ。なんと教授は、死んだ男性9人から腕を入手し、それぞれを(親指が人差し指と中指に重なる)固く握った拳、(親指が外側を向いた)緩く握った拳、そして平手の状態にしてから、衝撃力を測定することができる特製装置に打ちつけたのだ。

ラボでは、死者の腕を振り子のように用いてパンチやビンタを数百回繰り出す実験が、日夜続けられたという。

そして得られたデータは、意外なほど明確な結論を導き出した。固く握った拳は、緩く握った拳よりも55%強力なパンチを繰り出し、かつビンタ(平手)の2倍の威力を発揮することが判明したのだ。しかも固く握られた拳は、手の骨が砕けたり傷つく確率も低かった。

http://tocana.jp/2015/10/post_7692_entry.html
fist.jpg
http://tocana.jp/images/fist.jpg


人妻美由紀さんに夫公認で毎日種付けセックス




1 : 腕ひしぎ十字固め(東京都)@\(^o^)/:2015/10/22(木) 12:20:35.75 ID:mwhI26h50●

巨大小惑星、ハロウィーンの日に地球最接近 天文学者ら
AFP=時事 10月22日 9時40分配信

 巨大な小惑星が地球に向かって高速で飛来しており、ハロウィーンの31日に地球の近くを通過する。だが天文学者らによると、衝突進路から完全に外れているため、何も怖がることはないという。

地球にとって危険な小惑星1400個の軌道図公開、NASA
img_c434db83914c099df68e771ae81eabf4170673.jpg
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/c/4/500x400/img_c434db83914c099df68e771ae81eabf4170673.jpg

 米航空宇宙局(NASA)によると、サッカー場程の大きさの小惑星「2015 TB145」は、時速12万6000キロという「異常に高い」速度で移動している。天文学専門サイト「アース・アンド・スカイ(Earth and Sky)」には、初期の試算で直径約470メートルと掲載された。

 2015 TB145は、2027年までに地球に接近することが判明している天体の中で最大級となるとNASAは予想している。

「大きさの試算が正しければ、この新発見の小惑星は、2013年2月にロシア上空の大気圏に突入したチェリャビンスク(Chelyabinsk)隕石(いんせき)の28倍の大きさを持つことになる」とアース・アンド・スカイは指摘した。

 良い知らせは、2015 TB145が約50万キロという、安全が十分に保たれる距離で地球のそばを通過することだろう。この距離は、地球と月の間の距離の1.3倍に相当する。

 2015 TB145は、実際には地球より月に接近し、月から約29万キロの距離をかすめて通過するという。

 地球からの観測については、天文学者らは望遠鏡で確認できる一方、一般人が裸眼で空を見上げても、見つけるのは不可能である可能性が高い。

 2015 TB145が最接近する時間は、米東部時間10月31日午前11時14分(日本時間11月1日午前0時14分)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151022-00000007-jij_afp-sctch


エレナクエスト~出稼ぎ乙女の冒険RPG~




1 : バーニングハンマー(四国地方)@\(^o^)/:2015/10/18(日) 22:05:29.10 ID:sMgOP8+90●

天文学者が太陽の表面に広がる巨大な割れ目を発見しました。

2D6DA0D400000578-3275617-image-a-2_1444990100329.jpg
http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2015/10/16/11/2D6DA0D400000578-3275617-image-a-2_1444990100329.jpg

この現象はコロナホールとしてしられているもので、今回のものは地球50個分の大きさになるこれまでで最大の大きさだそうです。

コロナホールは磁場線が太陽の日表面で巻く代わりに宇宙にむけて放出されている場所で、高速太陽風とも呼ばれています。最初に発見され写真に撮られたのは1973年から1974年にかけてのものでした。太陽活動の活発な11年のサイクルでよく見られるということです。通信機器への障害が見られることもありますが、それ以外の被害はないようです。
http://www.scienpost.com/archives/1042903491.html


幻想郷フタナリチ○ポレスリング7 聖VS神子




kakosama.jpg

最新記事

人気同人

注目エントリー

人気エントリー

人気PCソフト

プロフィール

Author:ゆとり
250×90のタイトル画像を募集しております。小さなスペースに魂を込められる絵描き様がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。 / 相互リンク・RSSについてはこのブログについてをお読みのうえ、お申し込みください。メール

カテゴリ

ブログパーツ

フィードメーター - (´A`)<咳をしてもゆとり

アクセスランキング



ブログパーツ ブログパーツ

アクセスランキング

カウンタ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。